文学・美術・芸能・歴史・科学・医療など、想像力をかきたてファンタジーを紡ぎだす書物を!

FrontPage

「カマル」とは

カマルとは、アラビア語で「月」を意味する言葉です。
夜空に浮かぶミステリアスな存在であるとともに
闇をやわらかく照らしだす月は
アラビアの砂漠にとどまらず
この日本列島など地球上のあらゆるエリアにおいて
人類の想像力をかきたて
無数のファンタジーを生んできました。
小社もまた「月の砂漠」を口ずさみながら
想像力とファンタジーの奥深い世界を
求めつづけていこうと考えています。

カマル社の始まりと現在

『月下の一群』創刊号

カマル社は1976年、唐十郎さんと『月下の一群』を編集するところから
始まりました。
この『月下の一群』は「武芸帳」を標榜する総合芸術誌で
気鋭の作家・芸術家たちが参集しましたが
そのときのすさまじいまでの熱気はそのまま小社の編集活動に
受け継がれてきました。
そして書物というすぐれたメディアの可能性を追求し
文学・美術・芸能・歴史・科学・医療など、幅広いジャンルの書物を手がけて
きました。
その根底にはいつも
人類の想像力をかきたてファンタジーを紡ぎだす書物を!
というおもいがありました。
これからもそのおもいを深めつつ、
1冊1冊1ページ1ページに取り組んでいこうと考えています。

会社概要

社名    株式会社 カマル社
所在地   東京都中野区東中野4-16-1フェリックフォーラム301
      tel,fax:03-5330-6334
メール kamaru 画像の説明 luck.ocn.ne.jp
@は迷惑メール対策のため、実際には普通の@をお使いください。
代表取締役 桑原茂夫
資本金   1000万円
設立    1976(昭和51)年12月
業務内容  書籍・雑誌の企画・編集・執筆・制作、映像・音響・イベントの企画・演出

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional