書評

【感想・まとめ】「漫画 バビロン大富豪の教え」から学ぶお金の勉強

お金
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

本記事では、「漫画 バビロン大富豪の教え」からお金についての勉強を兼ねた、書評記事にしています。

 

約100年も読み継がれるお金の名著です。

 

お金についての知識を付けたい人、本書が気になっている人は最後まで読んでみて下さい。

【感想・まとめ】「漫画 バビロン大富豪の教え」から学ぶお金の勉強

お金

【感想・まとめ】「漫画 バビロン大富豪の教え」から学ぶお金の勉強。

「バビロン大富豪の教え」という名前なだけあって、お金持ちが稼ぎ方を教えてくれる本だと、だいたいイメージ出来ますね。

 

【貧しい少年が大富豪にお金持ちになる教えを聞きにいく】

 

ここから物語が始まります。

 

本書でもある質問をしてみます。

 

「お金持ちとは何だ?」

 

お金をたくさん持っている人

お金の増やし方を知っている人

 

どっちだと思いますか?

 

気になったら続きに答えを書いています。

ぜひ!

 

高める者と貧しき者の間にある最も大きな壁は、「動くか動かないか!」

バビロンニア王国ってどこ?

バビロニア王国を聞いたことがある人は少ないと思います。

場所は、イラクにありました。

 

バビロニア王国があったのは紀元前18世紀〜紀元前4世紀

 

資源は少ないが、なぜか交易や金融が発達していました。

これは、神殿で穀物の貸付をしていて、銀行(借金)の起源となったと言われています。

登場人物やあらすじ

登場人物は大きく分けて2人です。

主人公のバンシルと大富豪のアルカドです。

 

バンシルは貧しい鍛冶職人の息子

アルカドは王宮に住むバビロンの大富豪

 

ある日、貧乏だったバンシルの父のもとに借金の取り立てが来た時に、バンシルがお金持ちになるきっかけになります。

そして、黄金を増やす7つの道具や試練を乗り越えて、お金持ちになる話です。

 

細かい内容は本書で確認して下さい。

 

 

バンシルはアルカドのもとに行き、お金持ちになる方法を聞きます。

 

お金があればどうする?→「肉・パン・はちみつを買う」

これじゃお金は増えない、、

 

お金持ちとは何だ?

×お金をたくさん持っている人
○お金の増やし方を知っている人

つまりお金がたくさんあっても、お金持ちではないのです。

→玉の輿、宝くじ、親のお金 etc

黄金を増やす7つの道具

ここからはアルカドが教えてくれた、

<黄金を増やす7つの道具>について触れていきます。

  1. 収入の十分の一を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ


①収入の十分の一を貯金せよ

収入の10分の1を貯金するなんて単純すぎない?と誰もが思うでしょう。

 

ですが、本質的なことはいつもシンプルなのです。

 

サラリーマンの生涯年収は2〜3億円だと言われています。

2〜3億円の十分の一を初めから貯金していれば、定年後に溜まっているお金は2000万〜3000万円になります。

話は変わりますが、この時点で老後2000万円問題は解決できますね。

 

月収が20万円だとして、毎月2万円の貯金をするのは、あまりないように感じられます。

 

しかし、この十分の一の貯金をここから先の道具で使っていくので、とりあえず収入の十分の一貯金することから始めましょう。

②欲望に優先順位をつけよ

欲望に優先順位をつけるのは、何かというと、支出管理をしようという事です。

 

物語では、収入の違う人がいる中で、誰もがお金を貯められないと言っています。

その理由が、あり金をある分だけ使い、全くお金の管理ができていない。

 

欲望に負けて、結局収入の大小関係なくお金が貯まらない。

 

では何をすればいいのか。

 

自分が本当にやりたい事に優先順位をつける事から始めよう

本当にやりたい事だけに集中し、何となくのことは省く。

 

それができれば、必然と無駄金がなくなる。

(格安SIM、飲み会、保険、サブスク)

 

ここでは、月々のお金を見直すことを学べます。

③貯えた金に働かせよ

①と②でお金の管理ができ、①で貯まったお金を自分のために働かせよう。

働かせるということは投資するということです。

 

さく
さく
投資って貯まったお金を使って、ギャンブルで一発当てるってことか!

 

そんなことするな!
かける
かける

投資って聞くと、FXとか株のようなギャンブルのイメージがあると思います。

そこがお金の勉強をしてこなかった日本人の弱点です。

 

してこなかったというよりも、教えてもらえなかった方が正しいでしょう。

 

日本では、お金について学ぶ機会がありません。

学校では絶対に教えてくれないからです。

 

なので、投資とギャンブルの区別がつかない、日本人のファイナンシャル・リテラシー(お金に関する知識)が低すぎるのです。

 

 

話を戻すと、貯まったお金は投資しましょう。

 

バブルの時はお金を預けるだけで金利3%もあったのですが、今の金利は0.001です。

つまり3000倍もの差が生まれています。

 

よく親から貯金しなさいと言われたかもしれませんが、貯金だけしても意味がないことはわかりましたね。

 

貯まったお金は動かさないと意味がないです。

 

iDeCoや積立NISAなどがベタですが、お金があるならFXや不動産投資、株式投資などに使うと大きなリターンが見込めます。


 

とは言っても、知識がないのにやってもお金を溶かすだけなので、注意が必要です。

 

FXや不動産投資を学ぶために使うのも投資の一部ですよ。(自己投資)

④危険や天敵から金を堅守せよ

非現実的な利益や理解していない商売はしてはいけない。

 

お金が増えてきたら、大きな投資をしてみようと思いますが、知識がない状態で行うのは危険です。

 

また、銀行に大きなお金があると、投資信託の電話がかかってきます。

 

これは無視しましょう。

 

また、自動売買システムなどの楽して稼げるような、上手い話があったとしても乗らないようにしましょう。

 

簡単に稼げるほど世の中は甘くありません。

 

お金が貯まったけど、何をすればいいのかわからない時は、専門家の話を聞いてみよう。

 

あなたの手助けをしてくれる人は必ず存在しています。

 

注意する点は、A社の人の話を聞いて、A社に投資するのは騙される可能性もあるので注意しましょう。

⑤より良きところに住め

お金が安定してきたら、お金を守るために良いところに住みましょう。

タワーマンションに住めとは言いませんが、自分が落ち着ける環境があることで精神的な余裕も生まれます。

 

  • 職場に近い場所に住む
  • 駅の近くに住む

 

人それぞれ違いますが、あなたにとって最適な場所に住むことこそが大切になってきます。

⑥今日から未来の生活に備えよ

未来の生活に備えるのは、⑤も同じですが、資産形成に備えることを指しています。

 

というよりも、ここまでの事を正しく実施できていれば、すでにできているので問題なしです。

お金に関する知識を学べる漫画を紹介した記事があるので、お金に関する知識を漫画で知ろう!8冊まとめ、知識ゼロからでも読めるを参考にしてみてくださいね。

⑦自分こそを最大の資本にせよ

最後に一番難しい問題がきました。

お金を稼ぐにしても、何をするにしても行動するのはあなた自身です。

 

自分の力がないと何もできません。

 

労働にしても、不労所得を得るにしても何もできませんよね。

 

ならば何をするべきか。

 

それは、自己投資するしかないのです。

自分が力をつけて、お金を動かす。

 

知識がないと、お金は稼げません。稼ぎたいのなら、お金を動かす力を身につけましょう。

自己投資は読書やYoutubeを見る事でできます。

こちらの勉強が苦手なら漫画を読むべき!3つのメリットを紹介しますを参考にしてみてください。

 

とは言っても、「お金=幸せ」ではないので頭の隅にこの考えを置いておいてください。

【感想・まとめ】「漫画 バビロン大富豪の教え」から学ぶお金の勉強:まとめ

貯金

【感想・まとめ】「漫画 バビロン大富豪の教え」から学ぶお金の勉強について、少しでもあなたのタメになる記事だったでしょうか。

 

<黄金を増やす7つの道具>を復習しておきましょう。

  1. 収入の十分の一を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ

 

特に大切なことは①〜④です。

まずは、①の収入の十分の一を貯金する事から始めてみましょう。

 

この記事を読んだあなたが大富豪になることを祈っています。



他にも読書に関する記事を書いているので、気にある記事があれば是非読んでみてください。

【自分の悩みは解決済み?!】成功者が読書をしている本当の理由

「FACTFULNESS」を紹介、読んだ感想【書評】ビル・ゲイツ、オバマが絶賛のベストセラー!!

『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』を要約【5分でわかる書評】

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ