ブックメーカー

博打で勝つ人と負ける人の違いは何か?ブックメーカー初心者が陥る罠に引っかかり、1日で5万円溶かしてしまったのはなぜか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです。

今回は、「博打で勝つ人と負ける人の違いは何か?ブックメーカー初心者が陥る罠に引っかかり、1日で5万円溶かしてしまったのはなぜか?」というロングテーマでお話ししていきます。

この1日というのは10/11〜10/12の話です。

10/11 ¥90976.97 ↓

10/12 ¥40005.02 ↓

詳しくは、下のブログ「毎日のbet365収益情報」を参考に見て欲しいです。

https://kamaru.net/bet365-everyday/

ブックメーカーってどんな方法でお金を増やしていくのか

まずはブックメーカーをあまり詳しくないとわからない話なので、簡単に説明していきます。

例えば、今から行われるサッカーの試合の勝者に1000円賭けるとします。
その試合の倍率(オッズ)が2.5倍だとすると、その試合で賭けたチームが勝つと1000×2.5の2500円が貰えるということです。

よって儲けた額は、1500円になりますよね。

このようにしてお金を増やしていく仕組みです。

ブックメーカーについて書いたブログは別にもあるので、チェックしてみてください。下のリンクのブログは、今回とは逆に12万円も勝ってしまった話を書いています。

→→→「ブックメーカー始めて2週間で13万円稼いでしまった話」

今回はどうして5万円も溶かしてしまったのか

正直、ブックメーカーは賭博ですね。パチンコと同じです。

スポーツの試合に掛けているので、絶対っていうのは有り得ません。

プロ同士の試合なので、どっちに転ぶのかもわからないし、絶対にこのチームが勝つと掛けた試合でも負けたり引き分けたりしてしまうので、注意が必要ですね。

結果的に僕も可能性の高い方に高額掛けていましたが、5万円も無くなってしまいました。

負けたら焦って、オッズが高い試合に掛けてまた負けての繰り返し。。

それによって大金を溶かしてしまったのです。。

なので、はじめに入金した掛け金を取り戻せたら一度引き落としてマイナスにならないようにしないといけませんね。

ブックメーカーでお金をマイナスにしない方法

入金したお金は取り返す

一度言っているのですが、まずは入金した分のお金を取り戻すことです。

5000円入金したら、頑張って10000円稼いで5000円引き出しましょう。

なので、始めから勝つ確率が高い試合に掛けてしまうよりも、勝つ確率が低い試合に掛けて、徐々に積み上げていくことが大切ですね。

そこから、掛けるお金も大きくしていけば一発当てることも出来ますね。

ブックメーカーで勝つ人がすること

オッズの低い試合に掛ける

ブックメーカーでは、勝つ人と負ける人がいますよね。

その違いっていうのは、分析不足だと思います。

人間がする試合なので、運任せなところはありますが、確実に勝つ可能性を上げていくのなら、しっかりデータを分析することが大切です。

直近の試合成績や選手のコンディション、スタメンなど知っておけば、勝つ可能性がより高くなります。

大きな賭けに出ず毎日コツコツ進める

ブックメーカーで儲けている人は、毎日少しずつコツコツ低額ずつでも積み上げていっています。

毎日コツコツ利用していくと、次第に勝てる試合が見えてきたり、コツをつかめるようになります。

始めから焦らずに時間をかけて取り組んでいけが、数万円は簡単に儲けることができるでしょう。

勝つ人と負ける人の違い

勝てる人は一回ごとの投資のリスクは最小限に設定しています。

負ける人は何も考えずに適当に購入したり、ハイリターンに目がいって負けてしまうのです。

勝つ人がいれば、負ける人がいます。そのようにブックメーカーは成り立っているので、勝つ人になるためにはリスクを最小限にする事が重要です。

運がある人

最後に大切なので、運です。

ブックメーカーに絶対があれば、誰でも儲ける事ができるので、分析をしつつも最後は運頼みです。

まとめ

ブックメーカーはスポーツを楽しむついでにお金を掛ける感覚でいいと思います。

ブックメーカーで生活費を稼ごうとかは、あまり思わない方がいいですよ。

例えば、

かけまる
かけまる

月に1万円だけ使って5万円稼いでやろう!

 

とか軽い気持ちで全然いいと思いますね。

お金が急に増えたり急に減ったり、メンタルの崩壊もあるので、そのような賭け事よりも、このブログのように記事を書いて、アウトプットして自己成長に繋げる事の方が長い目で見ても楽しめますよ。

あくまでもブックメーカーは遊びとして置く事が大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ