シンプルライフ

キャッシュレスで最大5%還元って何?目的や使い方、使える店舗を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです。

まずはじめにこちらのYoutubeを見てください。

「西野七瀬、かわいすぎる関西弁でパン爆買い!? キャッシュレス・ポイント還元事業CM「西野七瀬さん パン屋さん」篇」

可愛い子やね〜、関西弁がたまらんわ〜

たろう
たろう
かけまる
かけまる

いやいや、確かに可愛いけど、そっちじゃなくて赤いマークの方見てもらいたいんよ!wあ、ちなみに西野七瀬さんのCMはもう一つのパターンがあるので、ぜひチェックしてください!!

ここからが本題です。

先ほどのYouTubeの中でも紹介されていた赤いマークを最近どこかで見た事ありませんか?

このマークです。

このマークがある店舗で買い物をすると、2%の還元か5%の還元されるのです。

キャッシュレス・ポイント還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

引用:経済産業省、キャッシュレス・ポイント還元事業

 

簡単に言うと、2019年10月1日から6月30日まで実施されて、消費税が8%から10%になったのでその負担を少しでも減らすために、キャッシュレス手段を使って実質値上げした消費税の分を還元するということです。

その際にキャッシュレス手段の便利さなどを知ってもらいキャッシュレス化を広めていこうと言うのが本当の目的でしょう。

海外に比べて日本の現金離れ、キャッシュレスの普及率が低いため、普及率を上げていくための手段としてこのようなイベントを行っているのでしょう。

実際に登録されているサービス

基本的にクレジットカードやQR決済などは、なんでも登録されています。

僕が使っている中では、

  • 楽天のクレジットカード
  • Yahoo!JAPANカード
  • PayPay
  • LINE Pay

下のリンクから自分が持っているサービスが利用できるか調べてみて下さい。

✔️登録されている消費者サービスを探す

実際に登録されている店舗

今では、キャッシュレスが対応しているほとんどの店舗で登録されています。

兵庫県の三宮駅周辺ではこのような感じになっています。

店舗が多すぎてうじゃうじゃしてますよね。

飲食店からアパレルショップまで登録されているので、基本的にクレジットカード決済ができる店舗では還元対象の店舗になっているかなと思います。

  • コンビニ
  • 携帯ショップ
  • アパレルショップ など

駅周辺は、交通系ICを使用できる店舗が多いので、より多くの店舗が対応していますね。

下のリンクから使える店舗を探してみて下さいね。簡単に検索できます。

✔️使える店を探す

還元事業に参加している主なキャッシュレス決済

還元事業に参加している主なキャッシュレス決済は、、

【引用:経済産業省、キャッシュレス・ポイント還元事業】

各サービスのよって、現金とポイントどっちで還元されるのか、いつ還元されるのかが違ってくるので自分の使うサービスを調べておきましょう。

得する最強のキャッシュレス決済

消費増税に合わせてスタートした還元制度をどう活用していくのか。

たとえばQRコード決済なの場合は、クレジットカードとひも付けることで、QRコードで支払った際のポイントと、クレジットカードのポイントの「2重取り」ができます。これに加えて、政府のポイント5%還元(最大)が上乗せされ、「3重取り」も可能になる。

例えばこんな感じになります。

PayPayをヤフーカードでチャージして支払うと、5%が還元される。5%還元の店舗の場合、そこにPayPayボーナス5%+ヤフーカードのチャージポイント1%が付く。さらに、Tポイント加盟店での利用の場合なら、Tカードを提示しておけば、店舗によって最大0.5%ポイントが上乗せされ、ポイントの4重取りも可能に。最大11.5%の還元です

 

・Tポイント、PayPay → PayPay(最大5%)+Yahoo!JAPANカード(1%+0.5%(Tポイント))+5%=11.5%

・dポイント → d払い(0.5%)+dカード(1%+1%(dポイント))+5%=7.5%

・Pontaポイント → リクルートカード(1.2%)+ポイントカード(1%)+5%=7.2%

・楽天ポイント → 楽天ペイ(5%)+楽天カード(1%)+ポイントカード(1%)+5%=7%

・WAONポイント → WAONカード(0.5%)+イオンカード(0.5%)+5%=6%

・nanacoポイント → nanacoカード(0.5%)+セブンカード(0.5%)+5%=6%

・LINE Pay → ランクに応じて0.5%-2%+5%=5.5-7%

・auWALLET → auPAY(0.5%)+5%=5.5%

このような組み合わせを上手くすることによって、買い物をする際に少しでも得することができますね。

消費税が上がったからといって、マイナスな気持ちになるのではなく、情報を整理して上手く使えるものは使っていくと逆に増税前よりも得するかもしれませんね。

正しい情報をどれだけ知っているのか、それをどう生かしていくのかが大切になってきます。

もし、片方のカードしか持ってないなら、追加で登録している方がいいですよ。

出来るだけ生活のコストを削減することができるので。

まとめ

このように国がキャッシュレス化しようと動いていて、還元など考えると消費者からしてみればお得なはずなのにまだまだキャッシュレスは怖いなどと言う方が多いです。

「支払いする方法は、キャッシュレス派か現金派か?キャッシュレスのメリット、デメリットから考えてみる」も同時に読んでみて下さい。

でも、逆に使わない人がいる分使っている人が得をするので、僕としては全体的に馴染んでいない今の時期からしっかり使って得をしておこうかなと思っています。

このブログを読んだあなたは、今からでも何かキャッシュレスのサービスを登録しましょう。

クレジットカードを作るのは少し時間もかかるので、PayPayやLINE Payから始めてみる事をおすすめします。

2019年10月1日から6月30日まで実施されているので、できれば早いうちに登録して下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ