コスパよく一人旅をするためには、夜行バスの利用をおすすめする5つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです。

今回のブログでは、コスパよく一人旅をするためには「夜行バス」の利用をおすすめする5つの理由について、書いていきます。

このブログを最後まで読むと、このような事を解決する事ができます。

かけまる
かけまる

・交通費を抑えたい
・1日を長く使いたい
・色々なところに行きたい

僕は以前このようなツイートをしました。

一人旅を始めるときに気になるのは、「交通費」ですよね。交通費を抑えてコスパ良く旅するのに利用をおすすめするのが【夜行バス】です

大阪→東京でも片道で1800円〜行くことができます(価格は変わる)

時期さえ調節できれば、かなりコスパ良く旅することができますね

12月末でも〜6800円

 

大阪から東京に行くのでも、最低1800円で行く事ができるのはかなりコスパがいいですよね。

ちなみに新大阪から東京まで新幹線で行くと、13870円もかかるので、【1万円】も抑える事ができるのは、かなり大きくて使わない手はないでしょう。

現在夜行バスを利用して旅行しようと考えているなら、バス比較なびを利用して検索してみよう。

夜行バスの利用をおすすめする5つの理由

上記でもありますが、夜行バスを利用すると交通費がかなり浮きます。

その上で、夜行バスの利用をおすすめする5つの理由を書いていきます。

格安旅行をするなら夜行バスは必須

先ほどのツイートでもあるように、大阪から東京に行くのに1800円〜行く事ができるのです。

新幹線を使うと、13870円もかかるので単純計算で1万円も浮かす事ができるし、往復で考えると2万円も浮かす事ができますね。

もちろん価格の安さの裏には、厳しい点もありますが、とにかく交通費のコストだけはできるだけ低くしたいのであれば、夜行バスを使うべきです。

到着時間はかなり早く1日を長く使える

夜行バスは、名前の通り「夜行」に乗るバスの事なので、出発は夜で到着は朝になります。

出発時間 20時頃から遅くて24時前
到着時間 5時半頃から7時頃

少し早く着きますが、1日を長く使う事ができるので便利ですね。

出発時間や到着時間は、自分の旅行プランによって調整していけば、「朝早く着きすぎた。」などの問題も解決する事ができます。

さらに、出発の時間が遅い便もあるので、仕事や学校終わりに行くことも出来るでしょう。

「金曜日の夜に行って、土曜日1日観光してその日に帰る」のような、超弾丸旅行も出来るのが強みです。

少しだけデメリットを言うと、朝に着くのでホテルのチェックインが出来なくて、キャリーバッグなどの大きな荷物を置く事ができないのが、少し痛いですね。

とは言いつつも、コインロッカーなどに入れておけば、この問題も解決です。(夜行バスで安く済んでいるので、惜しまずコインロッカーを使おう。)

出発、到着地点は主要な場所

出発、到着地点は基本的にその県の大きな駅に着きます。

また、駅以外にもUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)やディズニーランドなどの有名なテーマパークにも着きます。

 

また北は青森から南は鹿児島まであります。(北海道と沖縄はありません)

とは言っても、大阪から青森に行くのに20時間も掛かってしまいます。

これだと、時間はかかるし体にもかなりの影響が出てくるので、個人的にはおすすめしません。寝て起きたら着く8時間ぐらいはベストです。

多県のサービスエリアをまたぐ事ができる

数時間おきにトイレ休憩があります。

その際に多県のサービスエリアをまたぐ事ができるのも、夜行バスの面白い点です。

しかし遅い時間だと基本的にしまっているので、サービスエリアも楽しみたいのであれば、夜行バスではなくて昼の便のあるのでそちらに乗りましょう。

楽しめるとは言いつつも、時間は限られているので、お土産を買いたいのであれば、あらかじめ調べておいて、ささっと行動しましょう。

日帰り弾丸旅行にはもってこいです

1日が長く使えるところでも、少し話しているのですが、仕事や学校終わりにサクッと旅に出かける事ができます。

土日休みのサラリーマンや学生の場合だと、土曜日の朝に新幹線や飛行機に乗って行っても、着くのは早くても昼頃になります。

ですが、夜行バスを利用すると朝一に着くので半日も長く使えます。

でも、夜行バスの時間に間に合うのか心配だなぁ

たろう
たろう

と思うかもですが、心配は必要ないですよ。

夜行バスの時間は、23時ごろまであるので間に合うでしょう。

もし、間に合いそうにないのであれば、調節しておきましょう。

 

夜行バスを利用する際の注意点

いくら夜行バスが安いから、どんな人にでもおすすめするのかと言うと、それはノーなので今からの注意点もしっかり読んでください。

8時間以上の超長距離移動は控えよう

個人的に夜行バスに乗る時間の目安を8時間ぐらいと決めています。

なぜかと言うと、単純に体が痛くなるからです。

今から旅行を楽しむのに、移動で疲労してしまったら元も子もありませんよね。

疲労、寝不足、ストレスで旅行どころじゃなくなってしまいます。

正直、初めて夜行バスに乗る方からしてみれば、8時間もかなり長いと思いますが、慣れれば8時間はあっという間です。

乗って寝ていれば到着しています。

その日は、昼寝を絶対にしない事も重要です。

乗り物酔いをする方はNG

車に乗るだけで酔う方はおそらく難しいでしょう。

安いからバスを利用しようとしても、乗り物酔いがひどい方にとって数時間我慢するのは苦痛というよりも、もはや拷問に近いはずです。

コスパだけ見て判断せずに、自分としっかり向き合って判断するようにしましょう。

自分が苦しいのは勝手ですが、他の乗車客のも迷惑をかける可能性も出てきます。

風邪や熱の場合は控えよう

これは単純に感染してしまうとかなり迷惑だからです。

自分だけ苦しむのなら、それは自分の判断なので問題はないですが、他人に迷惑をかけるのは、本当によくないです。

さらにインフルエンザ上がりで乗るのは辞めてくだい。

車内は狭くて密室です、さらに窓も開ける事ができなく換気もできません。

風邪や熱、またはインフルエンザ上がりで完全に治っていないのであれば、諦めて次の機会にしましょう。

スマホの利用はNGです

夜行バスだと乗客を乗せ終わると、完全に消灯します。

なので、多少のスマホの光でも他のお客さんの迷惑になるので、使わないようにしましょう。

もし使わないといけない場面があるのなら、ブランケットやカーテンの外で出来るだけ光が漏れないようにしましょう。

荷物の持ち込みに注意

大きな荷物は1つだけ、バスの下の入れてくれますが、他の荷物は自分の頭の上に置くか、持ったまましかできません。

なので、多くの荷物は持ち込めないので、大きめのキャリーバッグ一つと自分で持っておくようのリュックぐらいの荷物にしましょう。

また、基本的にコンセントが付いているので、充電器は持ち込み用に入れておくといいですね。

夜行バスであれば便利なアイテム

長期に夜行バスで出来るだけ快適に過ごす事ができるアイテムを紹介していきます。

✔️酔い止め

普段は全く車酔いしない方や少し車酔いをする方の両方とも、念のために酔い止めを飲んでおきましょう。

もしもの事があってからだと遅いので、事前に対応しておくことをおすすめします。

こんな感じで1箱500円ぐらいで売っているので、近くの薬局や下のリンクから購入しておいて下さい。

✔️マスク

車内は多くの人がいるので、かなりの菌が広まってきます。

また、乾燥している季節だと喉の痛くなるので、感染対策や喉のケアの為にもマスクを着用しましょう。

どんなマスクでもいいのですが、一応リンクを貼っておきますね。

薬局や100均のマスクで十分です。

✔️携帯用枕(首枕)

携帯用枕は一度だけ利用した事がありますが、結構快適に過ごす事ができましたね。

普通の座席で寝るのは、布団に枕無しで寝るのと同じ感覚なので、枕がないと寝れない方は持っておくといいかもです。

こちらも、一応リンクは貼っておきますが、最近では100均のトラベルグッズも充実しているので、よかったら100均にもよって見て下さい。

最後に

夜行バスを初めて利用する時ってかなり緊張しますよね。

車酔いしないかとかトイレは大丈夫かとか心配事も多いです。

僕自身も初めて夜行バスを利用した時は、トイレが心配で絶対にトイレ付きが良いといって、友達にバスを選んでもらいましたが、結局トイレは使わなかったですね。

それからはトイレが付いていないバスを選びましたし、サービスエリアもあるので大丈夫かなと言うノリでいつも乗っています。

何事にも慣れが必要ですし、夜行バスの場合は学校の修学旅行とかと違って、待ってくれません。

時間が決まっているので、ルーズな方には向いていないかも、、

また、一人が心配なら友達と一回利用して、なんとなくの流れを知ってから一人で旅に出かけるのが良いかもですね。

ここまで、夜行バスの良い点や注意点を書いてきましたが、コスパの良い旅行で交通費を抑えたいのであれば、旅館やホテルのランクを下げるよりも移動手段のコストを下げる方が、満足度も高い旅行になると思います。

現在はAirbnbで格安の宿を見つける事もできます。

交通費と宿代を格安にする事もできるので、またAirbnbを使った時は感想ブログを書いていきます。

良い旅行ができる事が祈っています。

夜行バス以外でも、コスパよく旅行できる方法がある場合は、このブログにコメントやTwitterにコメントよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ