自己投資

【絶対見るべき!?】中田敦彦式の読書式術を解説します〜学ぶって楽しい〜

読書
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
かける
かける
皆さんは、オリラジの中田敦彦さんのYoutubeを見たことありますか?見た人はわかると思いますが、ホワイトボードの情報量が多いし、わかりやすいようなまとめられていますよね!

ホワイトボードを知りたい方は、一度動画を見るとすぐにわかるので是非チェックしておいてください。

 

今回は、一冊の本をホワイトボード上手くまとめるための、読書術をまとめて解説していきます。

読書術に関しては、メンタリストDaiGoさんとのコラボトークで話しているので、時間がある方は動画を参考にして下さい。

 

▼メンタリストDaiGoさんとコラボトーク▼

 

▼ホワイトボードが気になる方▼

【絶対見るべき!?】中田敦彦式の読書術を解説します〜学ぶって楽しい〜

読書

【絶対見るべき!?】中田敦彦式の読書術を解説します〜学ぶって楽しい〜。

芸人さんだと、又吉さんが読書好きで有名ですが、中田さんは元々読書が好きな方ではなかったみたいです。

 

ですが、Youtubeを始めて、話すのが好きだから読書の時間を増やしたみたいです。

 

そんな読書があまり好きではなかった中田さんが、実施している方法を実践することで、読書が苦手な方でも楽しく本を読めるようになります。

中田式読書術:マインド編

本は一回読んでも頭に入りません。

本が苦手な人ほど、一回で全部読んで全てを理解しようとします。

 

ですが、本を読むときはまず一回読んでみましょう。

サッと読む感じで大丈夫です。

 

一回サッと読んだら二回目は、読みたい部分だけを熟読しましょう。

 

読書で意識するポイント

✔︎全部読まなくても良い
✔︎読みたい部分だけ読む
✔︎一発で理解しなくても良い

 

本を読むのが苦手な人こそ、一回で理解しようとし過ぎです。

本は全部読まなくても、興味のある部分だけ読もう。

一回で全ては理解できない、興味ある部分だけ読み返す

中田式読書術:アウトプット編

中田さんで言うとアウトプットの場は、ホワイトボードです。

実はあのホワイトボードで授業している先には、オンラインサロンに加入している方が観覧に来ています。

講義

なので、自分に制限を設けてアウトプットしているのです。

 

自分に制限を設けることで、一気に集中力も上がります。

集中力に関してはこちらのブログを早く書くコツはたった2つを意識するだけ!文章を3倍早く書けるで学ぶ事ができますよ。

軽アウトプットをしている

軽アウトプットとは、ホワイトボードに書く前や本を読んでいる途中で軽めのアウトプットをすることです。

誰でもできる軽アウトプット一覧
  • 人に話す
  • ツイートする
  • メモを取る

骨のイメージを作る

一度のまとめて1〜10を書くのは難しいですが、一行の分を10個に分けて、全体像をまとめてから書くと書きやすいです。

家を建てるのと同じように、骨組みから立てていくことで、全体の構造を把握できるのと同じです。

 

DaiGoさんが調べた研究結果では、全体像を把握しておくだけでモチベーションが上がる事がわかっています。

また、その本で学びたいことを3つにまとめておくと良いです。

 

軽アウトプットと、全体像を把握する事が大切

中田式読書術:本の選び方

本を選ぶときは、ベストセラーとか本屋大賞だからなどのような理由があると思います。

もちろん大賞を受賞している本だから読んで損はしないでしょうが、あなたにあった本なのかを考えてみましょう。

本屋は試読し放題

試読と言うのは、文字通り試し読みのことです。

身近なところだと、スーパーのソーセージの試食みたいなモノです。

 

試しに食べてみて、気に入ったら購入する感じです。

 

試食は限られていますが、試読はただでやり放題です。

目次を読んで、その本で自分が学びたいことを学べるのかを確認しましょう。

 

Amazonのレビューなどを参考にしても良いですが、実際に本屋に足を運んで、試しに読んでみて自分に会う本を選ぶのです。

 

audibleで無料で試し読みする方法もありますよ。

audibleで実質無料

今ならAudibleを利用すれば「書籍」を実質無料で読むことができます。会員登録も簡単!!自分に合わなかったら即解約してもお金はかかりません!一冊だけ読んで解約するのもアリ!

柔らかい本を選ぶ

背伸びをして本を選んではいけません。

難しい本や分厚い本をいきなり読んでも最後まで読めないでしょう。

 

なので、誰でもわかるような軽く柔らかい本を選びましょう。

 

漫画や絵の多い本の方が、わかりやすくて内容が頭に入りやすいです。

 

漫画でも情報量が多いです、コミック先進国として、漫画の文化を生かした学び方は大切ですよ。

  • 歴史まんが
  • 漫画でわかるシリーズ
  • 学びに特化した漫画

 

▼マンガで学ぶ関連記事▼

勉強が苦手なら漫画を読むべき!3つのメリットを紹介します
勉強が苦手なら漫画を読むべき!3つのメリットを紹介します 最後まで読むことで このような悩みを解決できます。 結論から言っておくと、勉強が苦手な人こそやるべき事は ...
お金
お金に関する知識を漫画で知ろう!8冊まとめ、知識ゼロからでも読める このようなお金に関する知識を漫画を読む事で解決していきます。 お金について学ぶのは難しいと思いがちですが、漫画だと気軽に分...
難しい本でなく、柔らかい本を選ぶ

【絶対見るべき!?】中田敦彦式の読書術を解説します〜学ぶって楽しい〜:まとめ

book

【絶対見るべき!?】中田敦彦式の読書術を解説します〜学ぶって楽しい〜。

 

中田さんの読書術はわかりましたか?

もう一度まとめておくと、

中田式読書術

✔︎一回で全ては理解できない、興味ある部分だけ読み返す
✔︎軽アウトプットと、全体像を把握する事が大切
✔︎難しい本でなく、柔らかい本を選ぶ

これを意識するだけで、あなたにとって読書が難しいモノではなくなります。

 

読書がインプットのために手段なので、難しく考える必要はないし、難しい本を選ぶ必要もありません。

 

あなたが学びたい分野の学びたい部分だけを切り取って学んでいきましょう。

▼おすすめ書籍▼




このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ