ライフスタイル

【ライフスタイル】銭湯に行く事で得られる効果と入る時のポイントを紹介!

ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです

今回は最近ハマっている銭湯に入る時のポイントをまとめてみました

お風呂ってただ体洗って湯船に浸かって上がるだけという感じだと思いますけど、実はポイントを抑えて入る事で疲労が取れたりリラックスしたりできます

せっかくの銭湯だからといってただ長風呂をするだけだと疲れが溜まって逆効果になってしまいます

実は僕も何も考えずに入って疲れが取れずに帰宅することを2回もやってしまいましたw

この経験から熱い湯に浸かるだけでは疲れは取れない!

という考えにたどり着いたので今回は銭湯を楽しみながら疲労を回復する方法を伝えていきたいと思います

お風呂に入る前に

お風呂に入る前に必ずしてほしいことがあります。それはコップ一杯の水を飲むことです

あまり気付きにくいかもしれませんが、お風呂に入ると必ず汗をかきます

しかもコップ一杯の水を飲んでくださいと言いましたがそれ以上の汗をかいているはずです。これに気づかずに水分補給をせずに入ってしまうと脱水症状になってしまう可能性もあります

ですので、せっかくのお風呂を楽しむためにも水を一杯飲んでから入るようにしましょう

最近の銭湯には冷水機もあるのでそこで水分補給して入りましょう

スポーツ選手も実施する交代浴

銭湯には必ず水風呂がありますよね

昔の自分は、罰ゲームのためにこんな冷たい水風呂があるんだと思っていましたw

ですが実際は交代浴をするために設置されていたのです

どのようにやるのかというと

水風呂ーサウナ(暖かい湯船)ー水風呂ー、、、

このように繰り返していくと、体が軽くなり調子が良くなります

交代浴はダイエットや美容にも効果があります
交代浴が美容の分野で主流になるかもしれません

血行を良くする

暖かいお風呂にただ入るだけでも血行を良くする効果がありますが、熱いと冷たいの交代浴をすることでさらに血行を良くすることができます

熱いお風呂で血管を拡張し、冷たいお風呂で血管を収縮することでポンプのように働くためより血行が良くなるのです

血行不良での肩こり腰痛の改善

肩こりと腰痛の原因は姿勢の悪さなどの原因がありますが、血行が悪いことによる冷えからなることもあります

上でも言ったように血行を良くする効果があるので、冷え性の方にはおすすめの入り方です

交代浴の注意点

  • 体を温めてから水風呂に入る
  • 水風呂でしっかり体を冷やす
  • サウナから出たりシャワーを浴びる
  • 脱水症状のために水分補給

*サウナから出たら必ずシャワーで汗を流しましょう。汗だくで水風呂に入るのはマナー的にNGです

自宅でもやってみよう

銭湯とは少し違いますが、シャワーの温水と冷水を交互に浴びる事でも似たような効果を得ることができます

 

ジェットバス

温浴効果

ジェットを体に当てることでマッサージ効果が生まれ体全体の血行が良くなります

普通に温水に入るだけでも血行が良くなりますが、さらにマッサージ効果を利用して効率よく血行を上げることができます

リラックス効果

マッサージ効果があるということはリラックスすることができますね

さらにジェットバスは仰向けになって湯船に浸かれることができるのも大きいですね

サウナ

サウナもやはり血行が良くなるから体にいいですね

血行が良くなることで老廃物が洗い流されるのと栄養が行き渡ります

実はサウナに入っている時の血液循環は通常時の2倍だそうです

血管が広がり大量の血液が流れて栄養と酸素を運んでくれます

するとわかっていたと思いますが、体の調子もどんどん良くなっていくのです

入浴後にすること

入浴後は必ず水分補給をしましょう

サウナなど暖かい空間に長居しているので普段以上の汗をかいてしまっています。脱水症状の対策のためにも水分は必ず摂るようにしましょう

飲むべき

  • お茶、ハーブティー
  • ビタミン系ドリンク
  • 牛乳

飲まない

  • 冷たい飲み物
  • ビール

 

まとめ

僕も最近銭湯にハマりだしたのでまだまだ知らないことだらけですが、今回の記事を押さえていれば楽しみつつ疲労を回復しながらお風呂に入ることができるので

もし気になった方はお近くのスーパー銭湯に行ってみて下さい

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

ブログランキング・にほんブログ村へ
はてなブックマークもやってます!

このエントリーをはてなブックマークに追加