自己啓発

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる
さく
さく
なんか人生つまらないな。。自分らしく生きれてないとか。。もっと楽に行きたい

本記事では、このような悩みを解決していきます。

結論から言うと、

「見栄」を手放すだけでOKです。

 

今回の内容は以上です。

 

と、終わってもいいのですが、これだけは覚えておいてください。

他人は思ったよりもあなたに興味がありません。
周りを気にする必要はありません。
自分に嘘をつかずに生きないともったいない。

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になると言う話をしていきます。

 

「見栄」と並行して思い浮かぶのが「理想」ではないでしょうか。

ですが、「理想」は手放さなくてもいいです。

 

「見栄」:人の目を意識して、うわべや外見を実際よりも良く見せようとすること

「理想」:人が心に描き求め続ける、それ以上望むところのない完全なもの。最高の状態。

 

「見栄」と「理想」は、似ているようで少し似ていないです。

見栄を手放しても、理想は手放さない理由

見栄を手放しても、理想を手放さない理由は3つあります。

理想を手放さない理由

  • ゴール設定がなくなるから
  • 目標がないと行動する意味がないから
  • 中途半端になってしまうから

 

このような理由から、「理想」は追い求めるモノです。

理想はなんでもいいです、

  • 会社を設立する
  • 個人の力で稼ぐ
  • YouTube100万人登録
  • ブログ飯を実現する

 

見栄を手放すと人生が楽になる理由

見栄を手放すと人生が楽になる理由

見栄を手放すと人生楽になる理由を3つに分けてみると、

見栄を手放す理由

  1. 気持ちが楽になる
  2. 本当の自分に出会える
  3. お金の使い方が変わる

 

はじめにも言っているのですが、

他人はあなたのことを思ったより興味がありません。

なので、人の目を気にして生きている必要はありません。

見栄を手放す理由①:気持ちが楽になる

見栄ばかりの生活だと人生疲れませんか?

 

見栄を張ると、後ろめたい気持ちになり、何をするにしても疲れてしまいます。

いつか潰れてしまうし、何のための人生なのかが分からなくなる。

 

そんな気持ちになるなら、さっさと見栄を手放して大袈裟に言うと、自由に羽ばたいてみましょう。

見栄を手放す理由②:本当の自分に出会える

見栄があると、偽りの自分を演じ続けなければいけません。

本当はしたくないことをしなければいけないし、そのために無駄な労力を使わなければいけません。

他人の目を手放すと、自分がしたいことができて、本当の自分に出会えます。

見栄を手放す理由③:お金の使い方が変わる

見栄を張ると、本当に欲しいモノじゃなくて、「あればいい」「あればかっこいい」のように必要がないモノまで買ってしまいます。

ムダ金ですね。

具体例は、下に書いているので参考にしてください。

 

他人の目を気にして買ったモノよりも、

自分が欲しかったモノを買う方が飽きないし、人生の満足度が一気に上がります。

見栄の具体例

個人的には見栄には2種類あると思っていて、「モノ」と「言動」です。

モノで言うと、

  • Apple Watch
  • スニーカー

 

言動で言うと、

  • 給料が多い自慢
  • 高級焼肉に行った

 

モノに関しては、人によって全く違ってくるし、言動に関しても、別に他人に共有する必要もありません。

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる:まとめ

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になる:まとめ

【まだ間に合う!】「見栄」さえ手放せば、人生はもっと楽になるについて話してきました。

「見栄」を手放す理由を振り返っておくと、

見栄を手放す理由

  1. 気持ちが楽になる
  2. 本当の自分に出会える
  3. お金の使い方が変わる

 

「見栄」はあなたにとって不要なモノです。

テレビを手放すとか本を手放すとかの前に、見栄から手放してみましょう。

見栄がなくなると、人生が本当に楽になります。

 

見栄によって起こる制限は大きいです。

 

見栄をさっさと手放して、もっと自由に生きていきましょう。

他人の目を気にする生活なんて、時間の無駄でしかありません。

結果的に「見栄」が不要になったけど、見栄を張った行動をしたからこそわかったこともある。

何も経験してないのに、「これはいらないあれもいらない」とならないように気をつけよう。

 

▼おすすめの本▼


▼関連記事▼

手ぶらで生きる。を読んでみた感想【ミニマリストしぶ】「自分の人生を取り戻るコツ」どうも、かけるです。 この記事を読んでいるあなたは現在どのような生活をしていますか? この中の一つでも当てはまれば、...
ミニマリスト
【月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活「Minimalist Takeru」】を読んだ感想・解説 「ミニマリストってなに?」 「ミニマリストって宗教臭くて怪しいやつ」 などのような声もよく聞くと思...
【入門編】ミニマリストを目指すなら読むべきブログ
【入門編】ミニマリストを目指すならブログを読むべき本記事を読んでいると言うことは、ミニマリストになりたい、もしくはミニマリストに少しでも興味があるからですよね。 そんなあなたにおす...
【ホスト界の帝王ローランド】ミニマリストの自宅を徹底分析!【23枚の画像付き】
【ホスト界の帝王ローランド】ミニマリストの自宅を徹底分析!【23枚の画像付き】 「ホスト界の帝王ローランドさん」がミニマリストだということを知っていましたか? おそらく多くの方...