書評

『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』を要約【5分でわかる書評】

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
かけまる
かけまる
・今の自分を変えたい
・新しいことを挑戦したい

→→行動したいけど、なかなか行動に移せない

このような悩みを持っている方には特に読んでもらいたいです。

 

行動したいけど・・という悩みを持っていなくて、単純に『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』について知りたい方にも、ぜひ読んでもらいたいので、最後まで読んでみてください。

【書評】5分でわかる『チーズはどこへ消えた?』を要約

どうも、かけるです。

今回は、『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』についての書評を書いていきたいと思います。

当ブログでは、5分でわかるように要約をしているので、気軽に読んでもらいたいです。

 

『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』は、ベストセラーにもなった「チーズはどこへ消えた?」の続編になっているので、そちらも合わせて読んでみてください。

もちろん、本書だけでもわかる内容になっています。


 

 

【書評】5分でわかる『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』を要約

【書評】5分でわかる『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』を要約

僕は以前このようなツイートをしました。

 

【迷路の外は何がある?】を読んで学べることを3つにまとめると

①人が行動するきっかけ
②古い信念▶︎▶︎▶︎新しい信念を選ぶ
③自分が思っている信念や事実が正しいとは限らない

ページ数も少なくて集中すれば1時間もかからないので、マジでおすすめです😌

読書が苦手な人でも読みやすい!

 

ツイートでもある通り、学べることを物語と合わせながら3つにまとめて書いていきたいと思います。

  1. 人が行動するきっかけ
  2. 古い信念▶︎▶︎▶︎新しい信念を選ぶ
  3. 自分が思っている信念や事実が正しいとは限らない

 

迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』

「チーズはどこへ消えた?」の続編とはじめに書いているので、簡単に物語を説明していきますね。

『チーズはどこへ消えた?』

舞台は迷路で、ねずみの「スニッフ」と「スカリー」、それに2人の小人「ヘム」と「ホー」がチーズを探す物語。チーズを探すために迷路を歩き、ある時大量のチーズがあるステーションを見つけ近くに住み着いていた。そんなある日大量にあったチーズがなくなっていた。その後ねずみの「スニッフ」と「スカリー」と小人の「ヘム」は新たなチーズを探しに行き、新たなチーズを見つけた。

動いた「スニッフ」「スカニー」「ヘム」とは違って、チーズを探しに行っても見つからない。あれだけ多くのチーズがあったのだから、またチーズが戻ってくると信じ行動を起こしませんでした。

 

ここまでザッと簡単に「チーズはどこへ消えた?」について書いていきましたが、ここからは『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』の要約になります。

上のツイートでも書いているように、
大きく3つにまとめてみました。

人が行動するきっかけは、厳しい状況になるから

人が行動するきっかけは、厳しい状況になるから

①.迷路の外には何がある?〜ヘムが動き出す〜

「チーズはどこへ消えた?」でヘムは、大量にあったチーズがなくなったけど、元はあったのだからまた戻ってくると思い込み行動に移せていなかった。

さらに「ホー」が自分のことを忘れたんじゃないかと思い悪口を言いだした。

そして、ある時ヘムは動き出す。

考えても現状(チーズがない)は変わらない。

現状でわかっていることをメモに書いた。

 

  1. 新しいチーズを見つけなければ死ぬ
  2. 迷路は危険、暗がりや袋小路がある
  3. 全て僕次第、自分でなんとかしなくては

 

重いハンマーとノミを持って迷路に向かった。(=行動に移した)

 

今の現状を変えると決断

ヘム:このままだと死ぬ。。
→→行動するしか選択肢がなった。

挑戦する人は成長スピードが格段に違っています。

 

余談ですが、与沢翼さんの「ぶち抜く力」にこんな具体例があったのを思い出したので、共有しておきます。

100万円を稼ぐのに10ヶ月かける人と1ヶ月だけで稼ぐ人だとどっちが成長するか?

答えは簡単で、1ヶ月の人ですよね。単純にですがこの人は10ヶ月後に1000万円も稼げるようになっています。

 


 

と少しは逸れましたが、ここでわかったことは、

人が行動するきっかけは、厳しい状況であること

古い信念を捨て、新しい信念を選ぶ必要がある

古い信念を捨て、新しい信念を選ぶ必要がある

②.迷路の外には何がある?〜新たな出会い、ヘムが生まれ変わる〜

女の子ホーとの出会い

ヘムは懸命に迷路を歩きチーズを探したが、なかなか見つからない。

お腹を空かせていた、そんな時にホーという女の子に出会う。

ヘムはホーから良い匂いがする赤い石(=りんご)を貰った。(食べ物のようだが・・)

 

チーズしか食べたことがなかったヘムは、

「そんな物食べれない。食べれるのはチーズだけ!」

と思い込んでいた。

しかし、食べてみると甘くて美味しい!(=新たな信念の芽生え)

ホーと協力してチーズを探す

りんごをくれたホーでしたが、実がヘムと同じで食べ物を探すために迷路をさまよっていたのだ。

ヘムとホーは協力してチーズを探すことに。

 

ヘム:重いハンマーとノミで壁を破っていくがチーズは一向に見つからない。

ホー:今までのやり方を変えるべきでは?(後にこの言葉がヘムを大きく変える事になる。)

ヘム:このハンマーは今までチーズを見つけてきた、最高なんだ!

 

そんな時にヘムはあることに気がつく。

「チーズしか食べたことがなかったけど、りんごも美味しかった・・・」

古い信念はあなたの可能性を閉じ込めている

今まで上手く行っていたことをこれからも上手くいくと誰もが最初は思うのです。

=チーズがあったのだから、またチーズが戻ってくる。

 

環境の変化は早いです。どんどん変化しています。

 

具体例としては、YouTubeやブログ

売り上げがUPし、利益も多かったが、次第に売り上げがDOWNし、利益も少なくなる。

このDOWNの原因は、

  • 手法を真似される(似たサイト増加)
  • 優れた商品、サービス台頭

このように自分が過去に好成績を出せていても、新たな台頭により自分が上手くいかなくなる。

 

そんな時に、あの時は「〇〇で上手く行ったから」などと同じような事をしても、成長することができない。

自分の信念は足かせになっている。

ヘムは、りんごを食べハンマーとノミを捨て、新たな信念を持った。

古い信念を捨て、新しい信念を選ぶ必要がある

 

あなたが思っている信念、事実は正しいとは限らない

あなたが思っている信念、事実は正しいとは限らない

③.迷路の外には何がある?〜ヘム新たな信念を持つ〜

ホー:チーズはどこから来たのか?迷路の外には何があるのだろうか?

ヘム:迷路の外なんてない・・いや、違う、外があると信じて行動しよう。

→→→ハンマー、ノミを捨て、暗がりや袋小路、空っぽの部屋を探す。

 

  • 暗がりが全て暗いのではない
  • 袋小路が袋小路でないとしたら
  • 空っぽの部屋も空っぽではない

▶︎▶︎▶︎今までの信念を変えて行動した!!

 

そんな時、空っぽの部屋に小さな隙間を見つける。

そこを抜けると迷路の外に出ることができた。

そして、ねずみの「スニッフ」と「スカリー」、それに小人の「ホー」と再開することができた。

 

考えや信念は全て自分次第

この物語でヘムの信念が変わったのは3つありました。

  1. チーズだけでなくりんごを食べたこと
  2. ハンマーとノミを捨てたこと
  3. 空っぽの部屋が本当に空っぽかと
    考えたこと

 

このようにヘムが信念を変えるごとに、新たな価値観を持つようになっていった。

新たな価値観を持てば持つほど、ヘムはどんどん暗がりや袋小路、空っぽの部屋を進んでいきます。

どんどん進化していったのです。

 

あなたが思っている信念、真実は正しいとは限らない。

自分が今まで持っていた信念をそのまま信じてはいけない。

 

あなたの信念にもう一度疑問を持ってみては?

あなたが思っている信念、真実は正しいとは限らない。

 

まとめ:『迷路の外には何がある?『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』

いかがだったでしょうか?

1時間という短時間で簡単に読めるのに、物語の中に深い内容が詰まっています。

ここでもう一度このほんで学べる事を確認しておくと、

 

  1. 人が行動するきっかけ
  2. 古い信念▶︎▶︎▶︎新しい信念を選ぶ
  3. 自分が思っている信念や事実が正しいとは限らない

 

今のあなたに少しでも思い当たる節があるのなら、実際に本を手にとって読んでみるのもいいですし、本ブログをここまで読んだあなたには、きっかけとなる言葉があったかと思います。

 

行動したいけど、なかなか動き出せないあなたはもう一度、本ブログを読み返してください。それだけでも少しの力になると思いますよ。

『チーズはどこへ消えた?』を要約【5分でわかる書評】どうも、かけるです。 今回書評をするのは、全世界2400万部を超えるベストセラーの「チーズはどこへ消えた?」です。 もしかし...


このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ