ミリマリスト

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう

「本が好きだけど、増えてきて置き場がない。」

「ミニマリストを目指していて、本を手放したい。」

本記事では、このような悩みなどを解決することができます。

 

答えを言っておくと、

電子書籍を使おう!

 

電子書籍は、小説やビジネス本以外の漫画なども読むことができます。

 

他にも電子書籍に変えることで起こるメリットがあるので、電子書籍をおすすめする理由を解説していきます。

関連記事:【自分の悩みは解決済み?!】成功者が読書をしている本当の理由

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう。

電子書籍を使っていない方は、Kindleなどの専用端末を購入しないといけないと思いがちですが、スマホさえあれば大丈夫です。

(本記事はKindleについて)

僕自身もiPhoneで本を読んでいます。

▼ダウンロードはこちらから▼

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

 

 

本記事でわかること
  1. 電子書籍を使うメリット
  2. 電子書籍を使うデメリット

 

それでは、電子書籍を使う7つのメリットをみていきましょう。

電子書籍を使うべき7つのメリット

電子書籍を使うべき7つのメリット

電子書籍を使うべき7つのメリットを解説していきます。

 

電子書籍を使うメリット
  1. 収納の場所に縛られない
  2. 端末一つで大量の本を所有できる
  3. 読みたい時に購入できる
  4. 読みたい時に読める
  5. 定期的にセールがある
  6. 定額サービスがある
  7. 引っ越しが楽

いきなり電子書籍を使うのに抵抗があると思うので、使ってみようと思う方は本記事を参考にしてみて下さい。



メリット①:収納の場所に縛られない

紙の本を購入すると、本を置く場所を確保しなければならなくなります。

ですが、電子書籍を使うことで所有のコストが格段に減らすことができます。

 

本を置くための無駄な収納を購入しなくても良くなります。

 

でも、「紙の本も持っておきたい」「この本はどうしても」と言う方におすすめな方法は、本当に気に入っている本を3〜5冊だけ所有する。

他の本は電子書籍で購入する。

メリット②:端末一つで大量の本を持ち運べる

電子書籍はアプリなので、スマホ一つあればどこにでも持ち運べます。

紙の本を100冊持ち運ぶのに車が必要だったりしますが、電子書籍なら片手で持ち運べます。

メリット③:読みたい時に購入できる

KindleはAmazonのサービスなので、Amazonさえ開ければ、いつでもどこでも購入可能です。(電波さえ通っていれば)

ただし、アプリからの購入はできないので、購入の際は「Google」や「Safari」から購入しましょう。

ワンクリックで購入できるので、欲しい本のページに行けばすぐに買えます。

Amazonを見てみる

メリット④:読みたい時に読める

スマホ(端末)さえ持っていれば、いつでもどこでも読めます。

通勤通学や休憩時間などの、スキマ時間を有効活用することもできます。

 

この際もスマホ一つあればOKなので、紙の本を持っていかなくてもいいし、片手で読むこともできます。

 

電車の中で片手で本を読む苦労から脱出できます。

メリット⑤:定期的にセールがある

Kindleは毎日セールを行っているので、気に入った本があれば安い値段で買うこともできます。

さらに、50%OFFや100%OFFのようなかなりお得なセールも行われています。

○○%OFFだけでなく、50%ポイント還元と言う実質半額のサービスもあります。

※獲得ポイント510%↓

ナナメの夕暮れ若林正恭

メリット⑥:定額サービスがある

Kindleには「Kindle Unlimited」と言う月額定額のサービスがあります。

全ての本が読めるわけではありませんが、雑誌、ビジネス書、漫画を含め200万冊以上の本が読めます。

月額費は980円なので、本を一冊変える金額で、何冊でも本を読むことができます。

また、登録するのに抵抗がある方でも、初回30日間の無料体験もあるので、お試しに登録してみて下さい。

↓Kindle Unlimitedのおすすめ本↓

おすすめ本21選!

初回30日間が無料で使える!
\解約金0円・途中解約OK/

無料体験をしてみる

 

メリット⑦:引っ越しが楽

ここまで読んでもらうとわかるように、所有のコストが全くないので引っ越しが楽になります。

段ボールを用意する必要もありません。

スマホをポケットに入れればOKです。

電子書籍を使うと起こるデメリット

電子書籍を使うと起こるデメリット

メリットがあれば、電子書籍を使うと起こるデメリットもあります。

電子書籍のデメリット
  1. 買うときはほぼ定価
  2. 読み終わったら売れない
  3. 目が疲れる
  4. 買う前に目を通せない
  5. 読みたいページにすぐ飛べない



デメリット①:買うときはほぼ定価

メリットのところでは、セールがあると書いていますが、セール対象外だと定価で買うしかないですよね。

紙の本なら、ブックオフやメルカリなどの中古本で安く買うこともできますね。

その点からみてみると、Kindleで買う本は自分が気に入った本を選ぶべきです。

デメリット②:読み終わったら売れない

Kindleは電子書籍なので、一度購入したら売ることができません。

何度でも読み返すかもしれない本を買うといいですね。

デメリット③:目が疲れる

スマホをずっと見ているので、ブルーライトを直接当たることになります。

このブルーライト問題を解決してくれるのが、「Kindle paper white」です。

紙のように読みやすい。直接目を照らさないフロントライト方式だから、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい。

Kindle paperwhiteを見てみる

デメリット④:買う前に目を通せない

書店に行くと、本の中身を確認できますが、電子書籍は確認ができません。(確認できたら買わなくても良くなりますよね)

なので、本当に買いたい本は中身を見ずに買って、気になる本は実際に店舗に足を運んで確認したり、Youtubeの要約を見たりして、買うようにしましょう。

YouTubeを見るなら「サラタメさん」がおすすめ!

デメリット⑤:読みたいページにすぐ飛べない

紙の本なら、パラパラめくりながら読みたいページに飛べますが、電子書籍だとすぐには飛べません。

ブックマークのような機能はありますが、チェックをつけていないページを探す時間がかかります。

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう:まとめ

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう:まとめ

【ミニマリスト】電子書籍を使うべき7つのメリット!所有のコストを考えよう。

ここまで解説してきた、メリットとデメリットを振り返っておくと、

 

電子書籍を使うメリット
  1. 収納の場所に縛られない
  2. 端末一つで大量の本を所有できる
  3. 読みたい時に購入できる
  4. 読みたい時に読める
  5. 定期的にセールがある
  6. 定額サービスがある
  7. 引っ越しが楽

 

電子書籍のデメリット
  1. 買うときはほぼ定価
  2. 読み終わったら売れない
  3. 目が疲れる
  4. 買う前に目を通せない
  5. 読みたいページにすぐ飛べない

 

メリットもあれば、デメリットはあるモノですが、個人的には電子書籍をおすすめします。

また、Kindle専用端末を購入することで、通知や誘惑の多いスマホから離れる時間を作れます。


 

今すぐにでも買いたい本は買う!

少しでも迷ったらYoutubeをみたり、店舗に運ぶ!

 

この機会にぜひ紙の本を手放して、電子化してみましょう。

【今日のおすすめ書籍】


 

初回30日間が無料で使える!
\解約金0円・途中解約OK/

無料体験をしてみる