シンプルライフ

【中田敦彦から学ぶ】ドラえもんの世界も夢じゃない「5Gの世界」を要約

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです。

今回は、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが配信しているYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」から「5Gで世界は変わる!」を要約していきます。

なんか今までと趣旨が違うと思ったあなたは、最後まで読むべきですね。

5Gをより詳しく知り、有効活用することができれば、今よりも確実にシンプルに生きることが出来るよになります。

このブログを最後まで読むと以下の内容を理解する事ができます。

かけまる
かけまる

・5Gになるとどんな風に変わるのか
・動画の時代って本当か

この3つの疑問を考えながら、5Gについて書いていきます。

そもそもGってなに?

まずはじめに「G」とは何の事なのでしょうか?

Gと言うのは、重力の事でも黒い光沢のある生き物でもなくて、Generation(ジェネレーション)の頭文字を取って4Gとか5Gとか言っています。

【Generation=世代】

つまり5Gとは、第5世代(第5世代移動通信システム)のことなのです。

過去の世代を分析しておく

ここからは、少し過去の話も交えながら5Gに向かっていきますね。

1Gの世界

1Gなんて言葉聞いたことはないでしょう、と言うのも実際に世間に○Gなどと呼ばれるようになったのも3Gからなので、そこは気にしないでください。

1980年 1G(携帯電話)

 

1Gは簡単にイメージすると「平野ノラさん」です。

携帯電話という存在が生まれたのがこの時代です。

携帯電話が生まれたと言っても実際に所持しているのは、お金持ちの方だけだったので普及したとは言い難いですね。

しかも、今では考えられないようなサイズでした。

この時代はポケベルの方が普及していたようですね。

2Gの世界

1990年代 2G(メール)

この時代は、1Gの携帯電話からかなり小さな携帯電話が生まれます。

この時代でようやく想像している携帯電話が登場してきます。

いわゆるガラケーですね。

1Gから2Gになり変化したことは2つあります。

  1. 音質がUP
  2. デジタル化

音質がUP

ここに関しては、スマホから使い出した2000年前後生まれの方のは、馴染みがないかもしれませんが、着うたや着メロと言うメールや電話が掛かってきた時に好きな音楽を流せるようになりました。

デジタル化

デジタル化はメールが出来るようになった事です。

過去にもポケベルと言うモノもありましたが、メールではなくて暗号を送るようなモノだったので少し違いますね。

3Gの世界

2001年 3G(iモード、ezweb)

ここでようやく馴染みのある3Gがやってきますが、実は2001年にはすでに3Gの世界だったのです。

2Gから3Gで何が変わったのかと言うと、情報のプラットホームが見れるようになりました。

例えば、携帯でYahoo!やGoogleを開く事が出来るようになりました。

しかし、情報のプラットホームを見れるようになりましたが、重すぎて画像が全く見れないと言う事が多々ありました。

かけまる
かけまる

今でも電波の悪いところでよく起こる、画像が上から順にパッパッと段々出てくるのが普通でした。

さらにwi-fiと言う存在自体ほぼありませんでしたからね。

自宅にはもちろんないので、wi-fiがある友達の家とかかなりレアでしたよ。

DSを持ってよく古本市場に行ってポケモンをしてましたね。

そして、3Gと4Gの境に生まれかのがiPhone3Gです。

4Gの世界

2012年 4G(動画、スマホゲーム)

4Gになってようやくスマホの時代が到来です。

3Gから4Gではかなり大きな変化が起こり、正直ここからの変化はなくても生きていける時代になりました。

大きく変わったのは、SNSの完全普及です。

Youtube、Twitter、Instagram、Facebookなど

例えば、スマホを買うときに○○ギガとか選ぶだけではなく、SNS放題などもプランとして出てきまし。

とは言いつつも、Youtubeを見すぎて通信制限が起こるようになりました。

この時点でwi-fiは人間になくてはならない存在になってますね。

3Gを知っている方からすれば、4Gになってからスマホゲームが停まる事がなくなり、YoutubeやSNSが瞬く間に広まったのがわかると思います。

革命は10年サイクルに起こる

と、ここまで1Gから4Gまで簡単に説明してきましたが、何か気がついたことはありませんか?

革命(時代の変化)は10年サイクルで起こっているのです。

そしてついに、2020年に新しい時代(5G)がやってきます。

東京オリンピックが開催されるから5Gになると思っていた方は、この機会に学び直せてよかったかなと思います。(当の自分もそう思っていましたので、)

では、ここから5Gの世界を知っていきましょう。

5Gの世界

2020年 5G(IoT)

5Gの世界になってから3つのことが大きく変化します。

  1. 高速大容量通信
  2. 超信頼・低遅延
  3. 多数同時接続

では、1つずつ見てきますね。

高速大容量通信

簡単に言うと動画についてですね。

4G→5Gになると、通信速度が約100倍も速くなります。

それによって、スマホから映画をダウンロードするのも1秒で出来るようになります。

また、Youtubeなども高画質で見ることが出来るようになりますし、動画あるあるで動画が止まって「くるくる」してむかつきますよね。

あれが無くなります。

動画が止まってイライラすることがなくなるのです。

 

しかしこんな疑問も生まれてきます。

かけまる
かけまる

通信制限になりやすくなるんじゃないの?

答えは、イエスですが、ノーです。

どうゆう事なのかと言うと、ギガ放題の時代がやってくるので、プラン次第でどうにでもなると言う事です。

超信頼・低遅延

動画の表現を借りるなら、「私におまかせ下さい」と言う事です。

詳しく説明していくと、遅れが全くなくなり、遅れたとしても人間ではわからないスピード(ジャストオンタイム)と言うことから、超信頼・低遅延となります。

自動運転、AIなどの発達によって起こることです。

多数同時接続

最近のゲームで例えるなら、荒野行動を1万人で同時プレイすることが出来るようになるのです、さらに災害時に電波が悪くなることが無くなる。

「wi-fiが重い」がなくなる。

既にアメリカと韓国では5G?

実は2019年4月3日にアメリカと韓国は5Gになっています。

「なんで〜」「日本やっぱり遅れてる」などとマイナスな意見が飛ぶと思いますが、実はこれには意味があって、「世界初」を取るために一足先に5Gを投入しました。

とは言っても、アメリカ、韓国の全土にが5Gになった訳ではなくて現在都心部から徐々に広まっているところです。

日本も5Gにすることが出来るのですが、まだ問題点もあり地域格差もかなり起こってしまうので時期を見て5Gに移り変わろうとしています。

まだタイミングではない。

潜在的需要の発見    

 

  • B2C/B2B→B2B2X</li>
  • XaaS(SaaS,MaaS)

B2C(Business to Customer)
→企業と一般消費者の取引。

B2B(Business to Business)
→企業間取引。

B2B2Xをより分かりやすくする単語が、「SaaS」と「MaaS」です。

SaaS(Software as a Service)
→ソフトウェアの販売から、インターネットを通じてサービスを提供する。

例えば、マイクロソフト

昔はソフトウェアを現物として電気屋さんに置いて販売していた。

ネットでダウンロード販売するようになった。

MaaS(Mobility as a Service)
→自動車を使うサービスを定額制で売る。

例えば、TOYOTA

「車屋さん辞めます」宣言からも分かるように、自動運転とカーシェアリングを作っても売れなさそう。

自動運転車を使った便利な交通サービスをネットで提供しよう

 

マイクロソフトとTOYOTAは完全に先が見えていますね。

ここまで聞くとなんとなく5Gについてわかってきたと思います。

 

なんとなくですが、ドラえもんの世界に近づいてきてますね。

 

5Gで変わること、

  1. 動画
  2. VR・AR
  3. ゲーム
  4. 自動運転
  5. 医療
  6. 商品購入

これについては、別ブログに書いておくので参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ