自己啓発

アウトプット大全を読んだ感想、まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも、かけまるです。

今回は、「アウトプット大全」を読んだ感想を書いていきます。

このブログでは、このような疑問を解決する事ができます。

かけまる
かけまる

アウトプットしたいけど、どのようにすれば良いのかわからない。うまくアウトプットする事ができない。

 

このような疑問を「アウトプット大全」を読む事で解決することができます。

アウトプット大全はこちらのリンクから購入できるので、気になった方はチェックしてみて下さい。

 
感想を書く前に、この本はどのような内容なのかを簡単にまとめてから、最後に感想を書いていきます。
 
この本では5つの段落に分けられています。
 
  1. RULES(ルール)
  2. TALK(話す)
  3. WRITE(書く)
  4. DO(行動する)
  5. TRAINING(練習)

✔️RULES(ルール

アウトプットの基本法則が書かれています。

例えば、「アウトプットとは?」「アウトプットの基本法則1」など、まずはじめにアウトプットとはどのような事なのかを学ぶ事ができます。

 

✔️TALK(話す)

科学に裏付けられた、伝わる話し方が書かれています。

例えば、「話す1」「挨拶する」「質問する」など、どのように話せばうまく伝わるのか、上司部下関係の場合、どのように話す事で信頼関係が生まれるのかを学ぶ事ができます。

 

✔️WRITE(書く)

能力を最大限に引き出す書き方が書かれています。

例えば、「手で書く」「上手な文章を書く」「TO DOリストを書く」など、どのように書いていけばいいのか、書く事でどんなメリットがあるのかなどを学ぶ事ができます。
(*個人的にここが一番大切だと思います。)

 

✔️DO(行動する)

圧倒的に結果を出す人の行動力が書かれています。

例えば、「続ける」「教える」「やってみる」「楽しむ」など、結果を出す人が行なっている行動を学ぶ事ができる。

例え多くの事をインプットできても、DO(行動)ができないと結局意味がないですからね。

 

✔️TRAINING(トレーニング)

アウトプットを高める7つのトレーニング。

ここまでアウトプットをする事で得られるメリットを学んできたので、実際にうまくアウトプットできるようにトレーニングしていく必要があります。

そのトレーニングが7つ書かれています。

感想

アウトプット大全を読むまでに行なっていたアウトプットは、ただの自己満だったと思うほど改めてアウトプットについて学ぶ事ができました。

また普通の人と成功者のアウトプットの違いを知る事ができたのは、かなり大きかったですね。

普通の人

「インプット」→「アウトプット」

成功者

「インプット」→「アウトプット」→「フィードバック」→「インプット」→

このようにアウトプットで完結するのではなく、アウトプットした後に必ずフィードバックをしています。

このような、研究結果のような事から、実際に精神科医の立場からみた心理学を生かした方法も書かれていました。

アウトプットの方法はわかっていたつもりだったけど、本質的な部分を理解する事ができましたね。

結局、インプットばかりしていてもただの情報マニアになってしまうので、SNSやブログを通してしっかりとアウトプットしていかなければなりません。

むやみにアウトプットするのなら、本を読んで本質を理解してからアウトプットしてみましょう。

その方が必ず自己成長にも繋がりますし、意味のある読書をするとが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ