書評

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた

「世界経済はユダヤ人が支配している」

「大富豪の大半はユダヤ人」

 

のような、謎に満ちたユダヤ人ですが、実はあなたがよく知っている企業も、ユダヤ人の関わりがあるのです。

 

「なぜユダヤ人は大富豪が多いのか」

「なぜユダヤ陰謀論があるのか」

 

そんなユダヤ人が行っている商法や謎について詳しく解説している「世界を変えたユダヤ商法」を読んだ感想・レビューをわかりやすく解説していきます。

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた。

ユダヤの商法についての本は、かなり売られています。

その中でも最近人気なのが、日本マクドナルドの創業者藤田田さんの「ユダヤの商法」が有名だと思います。

 

Amazonで購入する方は
>>ユダヤの商法


 

そんな中で、なぜ世界を変えたユダヤ商法を選んだのかというと、たまたま家にあったからです。(ごめんなさい)

ですが、この本はユダヤ商法の歴史を学べるので、先に読んでよかったなと思っています。


「世界を変えたユダヤ商法」から学べる3つのこと

「世界を変えたユダヤ商法」から学べる3つのこと

「世界を変えたユダヤ商法」から学べる3つのこと

ユダヤ人から学べること
  1. 教育
  2. お金
  3. 商売

 

ユダヤ商法から学べること①:教育

ユダヤ人は伝統的に、子供教育への関心が強い。

相当貧しい家庭でも無理して進学させるケースが多い。

社会的ステップアップするには、学問を重視することの大切さをわかっている。

 

結果的に、ユダヤ人の医者や弁護士は、他の人種に比べて抜きん出ている。

アメリカ社会におけるユダヤ人の割合が2%なのに対し、医者や弁護士の割合の15%はユダヤ人なのです。

ユダヤ商法から学べること②:お金

宗教というのは、大体表向きは「お金を儲けることは卑しい」とされることが多い。

それに対して、ユダヤ人はお金に対して柔軟な対応をしている。

金を道具と考え、金そのものを汚いとは思わない。

 

ユダヤ教の教えを集めたタルムードには、このような文言がある。

「富は要塞であり、貧苦は廃墟である」

「金は悪ではない、呪いでもない。金は祝福するものである」

「人を傷つけるものが3つある。悩み、諍い、空の財布。そのうち空の財布がもっとも人を傷つける」

ユダヤ商法から学べること③:商売

ユダヤ人は商業において、革新的な発明をいくつもしてきた。

「よそ者」扱いされてきたユダヤ人は、既存の商売とは別の商売をしなければならなかった。

中世は専門店しかなかったが、ユダヤ人が雑貨屋を作った。

 

原価を割った安売りをして客寄せをする今日でいう「特売」なども始めた。

広告を商売に取り入れたのも、ユダヤ人だった。

 

ユダヤ人はこれらを利用し、商売を上手く行っていった

「世界を変えたユダヤ商法」簡単なネタバレ

「世界を変えたユダヤ商法」簡単なネタバレ

「世界を変えたユダヤ商法」簡単なネタバレを4つの視点から見ていきます。

ネタバレ
  1. 世界を変えたユダヤ商法
  2. ユダヤ人とユダヤ民族の違い
  3. ロスチャイルド家
  4. ユダヤ陰謀論

この4つについて簡単に話していきます。

世界を変えたユダヤ商法

ユダヤ人は多くの有名な大成功企業に関わりを持っています。

ユダヤ人が関わった企業
  • ビートルズ
  • マクドナルド
  • スターバックス
  • マイクロソフト
  • ハリウッド
  • ダイヤモンド独占企業
  • ラスベガス創設

あなたが知っている有名は企業、アーティストなどがユダヤ人の手によって、大成功を収めています。

ビートルズ

メンバーにはユダヤ人がいない。

ビートルズをデビューさせ、独自の方法で世界に売り込んだ初代マネージャー、ブライアン・エプスタインがユダヤ人である。

  1. メンバーの交代
  2. 服装のチェンジ
  3. 音楽性の変更

また巨大なプロジェクトのために「大きな賭け」に出た。

詳しい内容は、実際に読んでみて下さい。

ユダヤ人とユダヤ民族の違い

ユダヤ人とユダヤ民族の違いって知っていますか。

おそらく多くの方は知らないでしょう。

 

日本では、ユダヤ人といえばナチスのユダヤ人迫害のイメージだと思います。

その「ユダヤ人」というのは、ユダヤ教を信仰するもののことを指します。

 

ユダヤ教とは、約3000年前にパレスティナ地方で起こった宗教のことです。

 

ユダヤ人=ユダヤ教を信仰するもの

ユダヤ民族=民族の一つ

ということですね。

大富豪ロスチャイルド家

世界三大財閥
  1. ロックフェラー家
  2. モルガン家
  3. ロスチャイルド家

 

ロスチャイルド家は世界三大財閥の一つです。

ユダヤの大富豪で、

  • 金融業
  • ワイン製造
  • レジャー産業
  • 百貨店経営

を主に行っています。

そんなロスチャイルド家の歴史を少しみていきましょう。

ロスチャイルド家の歴史(フランス革命の少し前)

始祖マイヤー・アムシェル(1744年フランクフルト)

・古銭商(当時は、物好きや富豪層のマニアックな楽しみ)

・カタログのようなパンフレットを作り、郵送するような試みも作った。(ダイレクトメール販売)

→展開(細かい内容は中田敦彦のYouTube大学を参考に)

→莫大な資産を築く

5人の息子を派遣

5人の息子を5カ国に配置し、世界のネットワークを作る。

→典型的なユダヤの商法

  1. フランクフルト
  2. ロンドン
  3. パリ
  4. ナポリ
  5. ウィーン

 

配置して行うこと、

例、イギリスの商品をドイツで売る。価格が違うので利益が倍にもなる。(安い時にドルを買って値段が高くなったら売るみたいな感じです。)

ユダヤ陰謀論

何かが起こったら、その度に「ユダヤ陰謀論」となぜいわれているのか。

ユダヤが世界経済を支配している。

しかし、それはデータを見ると全く違うと言っています。

 

・アメリカ経済を大きな影響を与えていると言われているが、支配しているとはいえない。

・世界で、二、三、四番目に経済力を持っている(中国、日本、ドイツ)では、ユダヤ人の経済支配力がほとんどない。

・「世界の銀行」とも言われるスイスもほとんど影響されてない。

・アラブとの関係(歴史的)もよくないので影響されていない。

「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた感想

ユダヤ人というのは、やはりナチスの迫害のイメージしかありませんでした。

最近では、大富豪の話を小耳に挟む程度でしたが、やはり商売(ブログ)をしている身としては、ユダヤの商法を学ぶべきだなと思いました。

 

やはり「教育、お金、商売」の先見の明はすごいと思います。

 

ユダヤ人に興味を持ったし、歴史をもっと知りたいと思いましたね。

 

歴史的な背景を知ることで、より深い知識を得ることができそう。

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた:まとめ

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた:まとめ

【ネタバレ・感想】「世界を変えたユダヤ商法」を読んでみた:まとめ

「世界を変えたユダヤ商法」では、「〇〇をしろ!」ということを学ぶよりかは、ユダヤ人の歴史や商売の仕方は、経営者が全員知っておくべきかなと思いました。

▼これだけは覚えておいて下さい▼

ユダヤ人から学べること
  1. 教育
  2. お金
  3. 商売


 

▼関連記事▼

【書評】しないことリスト|pha:まとめ、感想
しないことリスト|pha:まとめ、感想【書評】〜人生ゆるく生きませんか?〜  <本当はしなくてもいいことを手放して「自分の人生」を取り戻そう> どうも、かけるです。 今回は、「【書評】...
【書評】人とは違う生き方をしよう。〜自分の強みを見つける50の方法〜要約、感想
人とは違う生き方をしよう。〜自分の強みを見つける50の方法〜要約、感想【書評】 <成功する人は、好きなことのために、好きではないことを平気でできる。> どうも、かけるです。 今回は、中谷彰宏さん...
『チーズはどこへ消えた?』を要約【5分でわかる書評】どうも、かけるです。 今回書評をするのは、全世界2400万部を超えるベストセラーの「チーズはどこへ消えた?」です。 もしかし...