書評

「自分の人生を取り戻るコツ」手ぶらで生きる。を読んでみた感想【ミニマリストしぶ】

どうも、かけるです。

この記事を読んでいるあなたは現在どのような生活をしていますか?

現在のあなたの環境

✔︎毎月お金が足りなくて何もできない

✔︎やりたい事に時間を使えない

✔︎人間関係のストレスが溜まる

✔︎周りの目を気にして自分を見れない

✔︎しぶさんを知りたい

この中の一つでも当てはまれば、この本が確実に読んだ方がいいですし、ミニマリストの方や「ミニマリストしぶ」さんが気になるから読んでおきたい。

などなど理由は多くあるかと思いますが、ミニマリストとか関係なく多くの方に読んで、僕と同じように少しでも人生を変えてもらいたいです。


ミニマリストしぶさんについて

まずはミニマリストしぶについて簡単に紹介しておきます。

しぶさんは現在YouTuberとして、ミニマリズムや生活を豊かにする方法を発信しています。

▼ミニマリストしぶのYoutubeがこちら▼

 

またTwitterやInstagramでも発信しているので、気になった方は要チェックです!

実は裕福な家庭で生まれた

初めてしぶさんのYoutubeを見た時の正直な感想を言うと、

かけまる
かけまる
めっちゃ貧乏な生活してるやん!

逆にこうゆうの好きって感じで動画を見始めたのがきっかけでしたね。

話が脱線したので戻していくと、現在は月に7万円で暮らしている為、僕の最初の印象と同じように思う方が多いのかと思われますが、本当は裕福な家庭育ちだったのです。(以外ですよね。)

しかし、中学進学の頃に父の自己破産が原因で両親が離婚。なんでも手に入る裕福な生活が一変、「お金がない」状況へと転落したそうです。

ミニマリストになったきっかけ

その後大学受験を失敗し、二浪したしぶさんは大学進学を辞め、フリーターをしていました。

2014年の冬、19歳の頃に実家を離れて一人暮らしをする事を夢見る。

しかし、ある日Googleで「冷蔵庫 なし」と検索し、冷蔵庫どころか電子レンジ、洗濯機、テレビなど一般的に必要とされる家具や家電を持たないブログを見つけたことで人生を変えることになる。

「とにかくお金を稼いで、物質的に豊かになれば幸せになれる」と思い込んでいたが、「物では幸せになれない」と知り、バッサバサと不要な物を処分していった。

と言うのが、ミニマリストになった経緯です。

見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

と、しぶさんの過去を書いて行きましたが、ここからは「手ぶらで生きる。」について書いて行きますね。

本をめくると初めにこんなセリフが書かれています。

最小限のお金で生きて、最大限の自由を手にする

僕はこのセリフを見た時に衝撃が走りましたね。

とは言え、しぶさんのYouTubeを見ていたので、このようなセリフは聞いたことがありましたが、やはりこの言葉はかなり強かったですね。

より少なく、しかしよりよく生きる

 

 

目次

第1章 暮らしを自由にする。

第2章 物を自由にする。

第3章 体を自由にする。

第4章 時間を自由にする。

第5章 思考を自由にする。

第6章 人間関係を自由にする。

50の方法の中から僕が一番印象に残っている方法を紹介して行きます。

「好き」ではなく、「大大大好き」な物を選ぶ

欲しいと思うものを買うこと自体は悪くない。

実際に買って使って確認しないと、分からない物もある。

例えそれが、自分に合わなかったり使いにくかったとしても、売ればいいだけの話です。

 

が、それは「他人によく見られたい」など見栄や比較で買っていませんか?

もしそうだとしても、他人は自分が思っている以上にあなたを見ていません。自意識過剰です。

だからこそ、自分の持ち物は自分が好きなものを持てばいいのです。

究極的には、「必要=好き」だと、僕は考えている。それも、「ちょっと好き」ではなく「大大大好き」と思えるレベルの「好き」を大事にする

引用:手ぶらで生きる。

身のまわりを「大大大好き」で固めて、毎日を気持ちよく過ごそう

ミニマリストになるかならないか

手ぶらで生きる。を最後まで読んだ僕が思うことは、ミニマリストになると必ずしも皆が幸せになるとは思いません。

各々の生活がある中で、しぶさんが語っているミニマリズムをどう生活に取り入れるかが重要なのではないかなと感じましたね。

ちなみにミニマリストのパイオニアである佐々木典士さんの著書ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」は、多くの有名ミニマリストさんも読んでいるので、要チェックですよ。


ミニマリズムを取り入れると生活が一変

僕自身ミニマリストではありませんが、この本を読みYouTubeを見て研究した事を生活に取り入れることによって、かなり生活が変わりました。

物を減らし、好きなものに囲まれ、物ではなく経験にお金を使うなど読む前と後で人生が本当に変わりました。

決して宗教の勧誘とかではありませんよw

ミニマリストは少し宗教臭い部分もありますが、実際にそんな事は全くないので、気になったら調べてみて下さい。

最近では多くのYouTuberが誕生していますよ。

 

毎月のお金が足りなくて何もできない

好きなものに囲まれるようにすれば、初めの自己投資額はかかりましたが、そのあとは衝動買いもする事がなくなりました。

次に買う時はアップデートか買い替えなので、無駄な浪費がなくなり、毎月お金が足りない状況にはならなくなりました。

考え方を変えれば、無駄な飲み会も行かなくなるし、浪費をしなくなる。

やりたい事に時間を使えない

やりたい事はたくさんあるけど全然何もできない。

そんな方は何が原因かというと、誘惑するものが多いという事です。

具体的にどんなものがあるかと言うと、

  • 漫画
  • ゲーム
  • アプリ
  • SNS
  • 夜更かし

などなど多く挙げられますね。

 

今日は〇〇やろうと思っていたけど、SNSやアプリに没頭しすぎて数時間が経ってしまった。。。

このような経験は誰しもがした事があると思います。

漫画を断とう。ゲームを断とう。アプリを断とう。SNSを断とう。

「あなたの身近な日常が、あなたのやりたい事をする時間を奪っています。」

人間関係のストレスが溜まる

「人付き合いだって、利害関係だ」

読者「たとえばしぶさんが尊敬してる方や、親しい友人の方から同じこと、タバコを吸っていいかと聞かれてもNOと言えるでしょうか」と

もし、HKT48の宮脇咲良さん本人に目の前で「タバコ吸っていい?」と聞かれたら、OKを出すかもしれない。

可愛すぎるので、最悪タバコを吸っても許せる。しかし、実際そうはなっていないし、宮脇さんはタバコを吸わない。だから「もし〇〇さんが▲▲してきたら」と言う質問は、ナンセンスだ。

引用:手ぶらで生きる。

周りの目を気にして自分を見れない

自分が好きなものに囲まれた生活をするとストレスは溜まらないはずです。

もし、それでもストレスが溜まるのなら、それは自分が好きな物ではないと考えるといいかもしれません。

例え、今〇〇が流行だったとしても、自分のスタイルを貫けばいいし、曲げる必要な一切ないです。(流行に乗ると楽しい面もあります。)

乃木坂46の曲にこんな歌詞があります。

この瞬間を無駄にはしない、人生あっという間だ
周りなんか関係ない、そうだ
何を言われてもいい、やりたい事をやるんだ
〜〜〜〜〜〜〜〜
みんなに合わせるだけじゃ
生きてる意味も価値もないだろう
やりたいことをやれ
ジコチューで行こう!

乃木坂46:ジコチューで行こう!


最後に

どうでしたか。

僕自身今まで読んだ本の中でも、一番と言ってもいいほど人生を変えてくれた本なので、多くの方にも読んでもらいたいです。

読みやすいし、活字が苦手な方でも読みやすいかなと思います。

ぜひ手に取って、読んだ感想をメールやツイッターで教えてください。