シンプリスト

YoutubePremiumに少しでも安く入会する方法をこっそり教えます!

どうも、かけるです。

 

今回は、YoutubePremiumに少しでも安く入会する方法をこっそり教えていきたいと思います。

この記事を読んでくれたあなたのために少しでも役に立てる情報を発信していきますので、最後まで読んでみてください。

 

ちなみに過去にYoutubePremiumに入会して良かった事やおすすめなどを書いた記事を書いているので、良かったら合わせて読んでみてください。

YouTube Premiumに入って1ヶ月経った感想、おすすめする理由を紹介どうも、かけるです。 今回は、「YoutubePremiumに会って1ヶ月経った感想、おすすめしたい理由を紹介」していこうと思いま...

 

と、登録しようか迷っていて、YoutubePremiumの良さがわかったあなたは今すぐにでも登録したいと思いますが、、

かけまる
かけまる
ちょっと待ってください!

少しでも安く入会する方法がありますよ!!

 

なんか、ズルい手使ってるんじゃないの?

全くズルい手は使っていません。

正規の方法なので、心配しなくても大丈夫ですよ。

と言うことで、僕は以前このようなツイートをしました。

 

YouTube Premiumは使っていますか?

ちなみにまだ使っていなくて、使おうか迷っている方におすすめの方法があります

【月額1550円→月額1180円】

たった370円かもしれませんが、少しでも抑えれるなら抑えよう、という事で方法は

⭕️アプリ内
❌ブラウザ

たったこれだけで節約する事ができますよ😌

 

上に書いているように、Youtubeアプリ内で登録せずにブラウザでYouTubeを開いて登録するだけで少し安く登録ができます。

どのように登録すればいいのか

普段ならYoutubeはアプリで見ていると思います。

それをアプリで開かずにブラウザ(Google)で開きましょう。

開けると、右上に丸いアカウントのボタンがあるので、そこをタップして下さい。

すると、このようなマイページの様な画面にたどり着きます。

3つ目のYouTubeマークのある「YoutubePremiumを購入」をタップして下さい。

次のページに進むと、、

1180円の方がブラウザの登録画面で、1550円の方がアプリ内の登録画面です。

ブラウザ版

確認してもらえるとわかると思いますが、書いている事は同じでも「値段」だけは違っていますよね。

これで登録方法で価格が変わるのを知ってもらえたと思います。

「証明」されましたね。

【使ってみる(無料)】を押すと登録画面に行くので、あとは簡単な作業です。

ブラウザで登録しても変わらないのか

ブラウザで登録すると、ブラウザで使うときだけしか対応されないのかと思いがちですが、そんなことは一切ないです。

特に変化はなかったですね。

ただ登録する際にアプリ内で登録する方が、簡単に早くできるというメリットがあるだけだと思っています。

実際に1ヶ月使ってみて、特に変わった現状は起こっていませんね。

差額はたった370円ですが、、

差額はたった370円ですが、「塵も積もれば山となる」ということわざの様に、たった370円でも積み重ねれば1年で4440円もの差額を生み出すことが出来るのです。

焼肉の食べ放題で一番いいランクのを食べれるやん!!

しかし、370円の差額なんてどうでもいいと思うのであればアプリ内でさっさと登録を済ませた方が時間の無駄を無くすことができます。

安く登録する方法を知っている人は意外と少ない?

確信はないですが、おそらく安く登録する方法を知ってる人は意外と少ないと思います。

僕自身はなぜ知ることができたのかというと、YouTubePremiumに登録する前に色々と情報を集めていた時に偶然見つけることができたからです。

僕の様に情報を集めてから登録をしている場合は、安く登録できていると思いますが、何も調べずに登録した場合は知らずに多少の損をしています。

この記事を見つけたあなたは自分自身が「ラッキー」だなと思ってもいいですよw

 

最後に

今回はYouTubePremiumの入会の際に少しでも安くする方法を書いていきました。

この様に少しでも、節約することで浮いたお金を違うところに回したりすることが出来るので、有力な情報を知っているのと知らないのとではかなりの差が生まれます。

ここまで読んだあなたは、せっかく知った有力な情報なので安く登録してYouTubePremiumを楽しんで下さい。

YoutubePremiumめちゃくちゃ良いサービスです。

YouTubeが大好きなあなたも、周りの人よりも一歩上のYouTubeを楽しんでいきましょう。